表面加工について

印刷した後の使用目的によっては紙の表面加工が必要になります。

表面保護、傷防止、光沢を出したい、マット調にしたいなど。

よく使用される表面処理を紹介します。

OPニス     無色透明の塗料を印刷機でコーティングします。

ニスの種類で艶あり、なしを選ぶことができます。

ビニール引き 塩化ビ二ール系の塗料を専用の機械で塗布乾燥します。

プレス加工  ビニール引きしたものを熱プレスし、光沢を出します。

P.P加工   P.P(ポリプロピレン)フィルムを貼り付けし熱プレスします。

フィルムの種類でクリア(光沢)とマット(艶なし)を選ぶことができます。

 

情報のページに戻る

平日8時から18時までTEL.gif